« 貝原益軒『養生訓・和俗童子訓』 | Main | 中村元『原始仏典』 »

February 29, 2024

中村秀生『韓国貯蓄銀行再建日記』

HMVネット購入。2024年2月18日注文。


書名:韓国貯蓄銀行再建日記 日本人が外国で不良企業の立て直しに挑んだ3年余りの記録
著者:中村秀生
出版:プレジデント社(2023年10月第1刷)


《目次》


はじめに


第1章 波乱 2013年2月~8月


▽東京での顔合わせ
▽初めてのソウル出張
▽香港からの帰任
▽赴任前の実態把握
▽マネジメントの決断
▽ソウル着任、第1回資本注入
▽会計のダブルスタンダード
▽役員選任と就任式
▽常務会とリスク管理委員会
▽与信審査体制の構築
▽資産査定検査、経営理念の作成
▽貸出営業の立て直し
▽リテールの問題と法人貸し出しの問題
▽経営改善計画
▽最初の連結決算、経営改善計画の承認


第2章 混迷 2013年9月~12月


▽役員人事と社名変更
▽新社長の力量
▽広告宣伝の再開、四半期決算
▽ワークショップ、審査部の体制
▽IBの快進撃と法人貸出の復活
▽不振が続くリテール
▽ソウルでの生活
▽NPLへの傾注、広告戦略
▽第3回資本注入、人事制度の正常化


第3章 再起 2014年1月~12月


▽333キャンペーン
▽本支店活性化
▽副社長の辞任
▽独自資金調達
▽のれん減損テスト
▽新副社長と清水さんの帰任
▽経営改善命令からの脱却
▽リテール再稼働
▽第5回資本注入
▽利権争いとの戦い
▽重要施策の推進
▽法人貸出の挑戦
▽セカンドファイナンス
▽2014年6月期決算
▽4行合併の推進、本支店移転と新設
▽債権管理本部長の交代
▽4行合併式と本社移転
▽審査の成果と貸出の増勢、単月黒字
▽釜山慶南地域支店開設の挫折
▽2015年の三つの目標


第4章 転機 2015年1月~9月


▽オートローンとPF貸出
▽全本支店の訪問
▽攻めへの転換

▽国税調査、消滅時効成立債権の売却
▽グループ会社への検察強制捜査
▽社長就任
▽新米社長
▽通期黒字の達成
▽ボーナスの復活
▽社長メッセージ、不動産金融事業部の創設
▽NPL問題
▽横領事件


第5章 有終 2015年10月~2016年3月


▽労使協調、インターネット銀行とフィンテック
▽Mプロジェクト
▽固定以下与信比率の低減
▽社会貢献活動
▽2015年の総括と、2016年の三つの目標
▽2015年12月期決算
▽過去最高益更新への挑戦
▽帰任命令
▽別れの挨拶
▽機上から見た漢江


エピローグ


おわりに


 

|

« 貝原益軒『養生訓・和俗童子訓』 | Main | 中村元『原始仏典』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 貝原益軒『養生訓・和俗童子訓』 | Main | 中村元『原始仏典』 »