« 佐藤進一『日本の中世国家』 | Main | SPINOZA『Ethics』 »

May 27, 2023

ユクスキュル/クリサート『生物から見た世界』

HMVネット購入。2021年11月23日注文。

おもしろくて読みやすい好著。この世界は主観でしかない、本当の客観は決して把捉できない。

書名:生物から見た世界 ―見えない世界の絵本
著者:ユクスキュル/クリサート
訳者:日高敏隆・羽田節子
出版:岩波文庫(2005年6月第1版)、原著は1934年

《目次》

まえがき

序章 環境と環世界
一章 環世界の諸空間
二章 最遠平面
三章 知覚時間
四章 単純な環世界
五章 知覚標識としての形と運動
六章 目的と設計(プラン)
七章 知覚像と作用像
八章 なじみの道
九章 家(ハイム)と故郷(ハイマート)
一〇章 仲間
一一章 探索像と探索トーン
一二章 魔術的環世界
一三章 同じ主体が異なる環世界で客体となる場合
一四章 結び

訳者あとがき(日高敏隆) 

 

|

« 佐藤進一『日本の中世国家』 | Main | SPINOZA『Ethics』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 佐藤進一『日本の中世国家』 | Main | SPINOZA『Ethics』 »