« ストレイト・ストーリー | Main | 麗しのサブリナ »

April 25, 2009

草なぎ剛くんのこと

報道などが目に余るので、ブログに書いておくことにした。

まず、事実を確認しておこう。
4月23日未明、赤坂の公園で酔っ払いが騒いでいるとの通報を受け、警察がかけつけたところ、剛君が真っ裸で大声を上げていた。警察の制止に抵抗したので公然わいせつ罪として逮捕した。尿検査で薬物反応はなかった。翌日、家宅捜索され、翌々日、釈放された。
春は酔っ払いが増える季節である。羽目を外しすぎて素っ裸で奇声を上げる類のことはよくある光景だ。おそらく新宿であれば、逮捕などされなかっただろうし、そもそも裸にもならなかっただろう。泥酔状態で赤坂の公園に立つというのは相当、特殊な状況に思える。赤坂署員も酔っ払いの扱いに慣れていなかったのだろうと推測できる。ただし逮捕までは止むを得なかったのかもとも思えるが、家宅捜索に至っては明らかにやり過ぎ。公権力の過剰行使だろう。小沢一郎秘書の逮捕劇と一脈通じるところがある。
最悪なのがマスメディアだ。ワイドショーのようなバラエティー番組が大騒ぎするのはわかるが、NHKニュースがトップで何度も長時間に渡って報じるのはいかにも異様だ。前々からニュース番組の惨憺たる有様は承知していたが、まさに極まれりである。それにしても7時のNHKニュースがワイドショー化するにつれて視聴率を伸ばしているのは何とも皮肉なことだ。
こんな大騒ぎになった(した?)原因は、剛君が地デジ大使とかいうものになっていたせいだろう。江角マキコの年金事件なども思い浮かべると、芸能人は国など公権力の広告塔などにならないほうが賢明だと言える。
最後に今回もしゃしゃり出てきた鳩山邦夫大臣について。
その間抜けぶりは改めて言うまでもないかもしれないが、「最低人間」発言で国民も少しはこの男の本質を知ったかもしれない。かんぽの宿問題も、その後の展開を見ていると、どこにも問題などなかったように思える。むしろ旧郵政のお役所ぶりが浮き彫りになっただけではないのか?

|

« ストレイト・ストーリー | Main | 麗しのサブリナ »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

剛君はわざわざ記者会見して謝罪したのに、警察庁やNHKなどのマスメディアの謝罪がないのはなぜだ?

Posted by: 管理人 | April 30, 2009 04:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 草なぎ剛くんのこと:

« ストレイト・ストーリー | Main | 麗しのサブリナ »